2022.08.30

テンダーラビング保育園江古田 夏の虫に感動☆

テンダーラビング保育園江古田 夏の虫に感動☆

7月から保育園でカブトムシとアゲハチョウの飼育をしています。 

幼児クラスのお兄さんお姉さんたちが主にお世話をしてくれていますが、小さいクラスの子どもたちもカブトムシの様子を見たり触ったりしていました。初めは触れなかった子も、保育士と一緒に触ったりエサもあげられるようになりました! 

アゲハチョウは卵から育てていたので、絵本『はらぺこあおむし』が大好きな2歳児クラスの子どもたちは毎日絵本の中のあおむしと照らし合わせながら成長を見守ってきました。 

卵→黒い小さな幼虫→緑の大きな幼虫→さなぎ→成虫と、成長過程をじっくり観察できました。 

そして、「緑のあおむしに変身したら、うんちが大きくなったね」 

このあおむしさんは、みかんの葉っぱより山椒の葉っぱの方がよく食べるね」など、色々な発見もあったようです。 

ある日の朝登園したらさなぎから成虫(蝶)に変身していた時は大喜びの子どもたちでした! 

狭いケースの中じゃかわいそうだから、外に放してあげようと話し合った子どもたち。 

「ばいばーい!」「また来てねー!」と元気に手を振り、それに答えるように元気にアゲハチョウは空へ羽ばたいていきました。 

これで『はらぺこあおむし(実写版)』のお話しはおしまい☆ 

また遊びに来てくれるといいですね!